健康にいい!里芋と鶏肉の煮物に含まれる栄養と健康効果10選について

 

健康にいい!里芋と鶏肉の煮物に含まれる栄養と健康効果10選について

f:id:dukemaguro:20200923095850j:plain

里芋と鶏肉の煮物とは、里芋や鶏肉などの材料を醤油・みりん・砂糖などの調味料で煮付けたもののことで、一人前あたりのカロリーは293キロカロリーほどで、モリブデンやビタミンK、炭水化物などの栄養を多く含んでいるのが特徴です。そんな里芋と鶏肉の煮物には一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回は里芋と鶏肉の煮物に含まれる栄養と健康効果10選についてお伝えしていきます。

 

 

里芋と鶏肉の煮物に含まれる栄養と健康効果10選について

里芋と鶏肉の煮物には、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。里芋と鶏肉の煮物に含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、血管の強化や、気管支の粘膜を正常に保ち、成長を促進させ、免疫細胞の働きを活発にすることによって、喉や鼻の粘膜を強化して、ウイルスの侵入を防ぐ効果があるビタミンAや、免疫機能を担う白血球のひとつである好中球の活性維持や増強に関与する働きや、ウイルスの増殖を阻止する働きがあるインターフェロンの生成を促進する効果があるビタミンC、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。里芋と鶏肉の煮物に含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせる働きがあるビタミンCなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。里芋と鶏肉の煮物に含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物にはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。里芋と鶏肉の煮物にはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデン、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には貧血を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、里芋と鶏肉の煮物に含まれるビタミンCやセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の結膜を活性化させる働きによって、目の潤いを保つのをサポートする効果や視覚情報を脳に伝えるロドプシンという物質の再合成を促進する働きなどがあるビタミンAや、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2や、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12や、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンE、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には目を健康に維持する効果があると言えます。

 

骨や歯の健康維持

カルシウムが不足してしまうと、血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かし出し、カルシウム濃度を一定に保ちます。なので、カルシウム不足が長期間に渡って続いてしまうと、骨がもろくなり、骨粗鬆症や軟骨化症などの病気になりやすくなってしまいます。里芋と鶏肉の煮物には骨や歯を作るのに必要な主成分であるカルシウムが含まれています。また、カルシウムが骨から溶け出してしまい、骨密度が下がるのを防ぐ効果があるマグネシウムや、カルシウムやマグネシウムと結びついて、「リン酸カルシウム」や「リン酸マグネシウム」となって骨や歯を形成する働きがあるリン、吸収されにくいカルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にして骨の強度を高める働きがあるビタミンKなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には骨や歯を健康に維持する効果があると言えます。

 

便秘解消

里芋と鶏肉の煮物には便秘解消に良いとされる食物繊維が含まれています。食物繊維は人間の消化酵素では消化されない食事成分のことで、タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化液の酵素によって消化され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して大腸まで達し、便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内で腸内細菌の餌として腸内環境を整えるなどの働きがあります。また、善玉菌を増やす乳酸菌の栄養素となり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを活発にして、便通をスムーズにする働きがあるビタミンCやビタミンEなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には便秘を解消する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。里芋と鶏肉の煮物にはこの抗ストレスホルモンを生成し分泌する際に必要不可欠な成分であるビタミンCが含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンDや、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物にはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。里芋と鶏肉の煮物に含まれるビタミンCやビタミンE、セレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、里芋と鶏肉の煮物には老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

里芋と鶏肉の煮物に含まれるビタミンCには美肌作りに欠かせない、コラーゲンの生成を助ける働きや、シミやソバカス、シワや肌荒れ、ニキビの炎症などを防ぐ効果があります。また、肌のターンオーバーを正常に保ち、肌をスベスベにする働きがあるビタミンAや、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシン、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2や、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、里芋と鶏肉の煮物には美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回は里芋と鶏肉の煮物に含まれる栄養と健康効果10選についてお伝えしました。里芋と鶏肉の煮物はビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

健康にいい!鰯ハンバーグに含まれる栄養と健康効果15選について

 

健康にいい!鰯ハンバーグに含まれる栄養と健康効果15選について

f:id:dukemaguro:20200923074737j:plain

鰯ハンバーグとは、イワシ・ねぎ・おろし生姜・シソ・パン粉・塩・コショウ・卵・醤油・サラダ油などの材料を使って作るハンバーグのことで、一人前あたりのカロリーは440キロカロリーほどで、ビタミンB12やセレンなどの栄養を多く含んでいるのが特徴です。鰯ハンバーグは、おろしポン酢やワサビ醤油などで食べると美味しいですよね。そんな鰯ハンバーグには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回は鰯ハンバーグに含まれる栄養と健康効果15選についてお伝えしていきます。

 

 

鰯ハンバーグに含まれる栄養と健康効果15選について

鰯ハンバーグには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「高コレステロールの予防」「糖尿病の予防」「喘息の予防」「関節炎の予防」「脳障害の予防」「認知症の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。鰯ハンバーグに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、血管の強化や、気管支の粘膜を正常に保ち、成長を促進させ、免疫細胞の働きを活発にすることによって、喉や鼻の粘膜を強化して、ウイルスの侵入を防ぐ効果があるビタミンAや、免疫機能を担う白血球のひとつである好中球の活性維持や増強に関与する働きや、ウイルスの増殖を阻止する働きがあるインターフェロンの生成を促進する効果があるビタミンC、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、鰯ハンバーグには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせる働きがあるビタミンCなども含まれているので、鰯ハンバーグには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。鰯ハンバーグに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、ガン細胞の増殖や転移を抑制する働きや、身体の細胞をガン細胞へと変化させるように促す活性酸素を体外へと排泄する働きがあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、鰯ハンバーグにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。鰯ハンバーグにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデン、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、鰯ハンバーグには貧血を予防する効果があると言えます。

 

コレステロールの予防

コレステロールには、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールがあります。善玉コレステロールには、血液中に浮遊する余分なコレステロールや血管壁にくっついたコレステロールを回収し除去する働きがあり、悪玉コレステロールには善玉コレステロールと反対に細胞膜などを形成するために血液中にコレステロールを送り出す働きがあります。この悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと血液中にコレステロールが増え、血管壁にくっついてしまい、血中のコレステロール値が高い状態になってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、血中の中性脂肪コレステロールを低下させる働きがあるので、鰯ハンバーグには高コレステロールを予防する効果があると言えます。

 

糖尿病の予防

偏った食生活、運動不足、肥満、喫煙、ストレス、遺伝、インスリン欠乏などが原因で血糖値が高くなってしまうと糖尿病になるリスクが高まってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)には、血糖値を下げる働きがあります。また、中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げる働きによって、血糖値が高い原因となる肥満を改善する効果があるEPA(エイコサペンタエン酸)や、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む働きがあるインスリンの分泌が上手くいかなくなり、働きが悪くなってしまうのを防ぐ効果があるマグネシウムなども含まれているので、鰯ハンバーグには糖尿病を予防する効果があると言えます。

 

喘息の予防

呼吸をするときの空気の通り道である気道が、アレルギーなどの炎症によって敏感になり、痙攣(けいれん)を起こして狭くなってしまうと喘息(ぜんそく)になってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、アレルギーが起こる原因である、体内で作られたプロスタグランジンという化学物質やその仲間が作られるのを抑制する働きがあるので、鰯ハンバーグには喘息を予防する効果があると言えます。

 

関節炎の予防

関節痛やリウマチは体内にサイトカインという炎症物質が分泌されることによって起こります。鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には炎症を抑える働きを持つ抗炎症作用があります。この抗炎症作用には関節の腫れ、痛み、こわばりを緩和するなどの効果があるので、鰯ハンバーグには関節炎を予防する効果があると言えます。

 

脳障害の予防

鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には脳の神経細胞膜に働きかけ、細胞膜を柔らかくすることによって、神経の働きを助ける効果があります。また、血管を柔らかくして、血流を良くすることで、脳に栄養をいきわたらせてくれる働きもあるので、鰯ハンバーグには脳が栄養不足になり知力や精神に悪影響を及ぼすのを防ぐ効果があると言えます。この効果に脳障害である発達障害などを予防する効果があります。

 

認知症の予防

脳の神経細胞は生まれてから増えることなく、歳を重ねるとともに減っていってしまいます。脳の神経細胞が減ってしまうと脳の働きが低下してしまい認知症になりやすくなってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)には脳を刺激して、残った神経細胞を活性化させる働きがあります。脳は刺激を与えて鍛えれば、鍛えただけ向上する性質があるので、脳を刺激することができるDHAを含んでいる鰯ハンバーグには認知症を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、鰯ハンバーグに含まれるビタミンCやセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の結膜を活性化させる働きによって、目の潤いを保つのをサポートする効果や視覚情報を脳に伝えるロドプシンという物質の再合成を促進する働きなどがあるビタミンAや、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2や、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12や、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンE、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、鰯ハンバーグには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

骨や歯の健康維持

カルシウムが不足してしまうと、血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かし出し、カルシウム濃度を一定に保ちます。なので、カルシウム不足が長期間に渡って続いてしまうと、骨がもろくなり、骨粗鬆症や軟骨化症などの病気になりやすくなってしまいます。鰯ハンバーグには骨や歯を作るのに必要な主成分であるカルシウムが含まれています。また、カルシウムが骨から溶け出してしまい、骨密度が下がるのを防ぐ効果があるマグネシウムや、カルシウムやマグネシウムと結びついて、「リン酸カルシウム」や「リン酸マグネシウム」となって骨や歯を形成する働きがあるリン、吸収されにくいカルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にして骨の強度を高める働きがあるビタミンDやビタミンKなども含まれています。ビタミンDは食品から摂取しなくても、日光を浴びることで人間の体内で合成されるビタミンですが、近年は日光を浴びる機会が少ない方や、紫外線を極度に避ける方などが増えているので、ビタミンDが不足している方が多くなっています。なので、これらの栄養を含んでいる鰯ハンバーグには骨や歯を健康に維持する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。鰯ハンバーグにはこの抗ストレスホルモンを生成し分泌する際に必要不可欠な成分であるビタミンCが含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンDや、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、鰯ハンバーグにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。鰯ハンバーグに含まれるビタミンCやビタミンE、セレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、鰯ハンバーグには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

鰯ハンバーグに含まれるビタミンCには美肌作りに欠かせない、コラーゲンの生成を助ける働きや、シミやソバカス、シワや肌荒れ、ニキビの炎症などを防ぐ効果があります。また、肌のターンオーバーを正常に保ち、肌をスベスベにする働きがあるビタミンAや、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシン、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2や、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、鰯ハンバーグには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回は鰯ハンバーグに含まれる栄養と健康効果15選についてお伝えしました。鰯ハンバーグはビタミンやミネラル、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「高コレステロールの予防」「糖尿病の予防」「喘息の予防」「関節炎の予防」「脳障害の予防」「認知症の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

健康にいい!キノコのマリネに含まれる栄養と健康効果9選について

 

健康にいい!キノコのマリネに含まれる栄養と健康効果9選について

f:id:dukemaguro:20200922110616j:plain

キノコのマリネとは、シイタケ・しめじ・えのき・マイタケ・エリンギなどを茹でて、オリーブオイルやレモン果汁などを混ぜ合わせたドレッシングで和えたもののことで、100gあたりのカロリーは107キロカロリーほどで、ナイアシンやビタミンDなどの栄養を多く含んでいるのが特徴です。そんなキノコのマリネには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回はキノコのマリネに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしていきます。

 

 

キノコのマリネに含まれる栄養と健康効果9選について

キノコのマリネには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。キノコのマリネに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、免疫機能を担う白血球のひとつである好中球の活性維持や増強に関与する働きや、ウイルスの増殖を阻止する働きがあるインターフェロンの生成を促進する効果があるビタミンCや、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、キノコのマリネには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。キノコのマリネに含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせる働きがあるビタミンCなども含まれているので、キノコのマリネには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。キノコのマリネに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、キノコのマリネにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。キノコのマリネにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6や、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデンや、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、キノコのマリネには貧血を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、キノコのマリネに含まれるビタミンCやセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1や、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6や、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンEや、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、キノコのマリネには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

便秘解消

キノコのマリネには便秘解消に良いとされる食物繊維が含まれています。食物繊維は人間の消化酵素では消化されない食事成分のことで、タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化液の酵素によって消化され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して大腸まで達し、便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内で腸内細菌の餌として腸内環境を整えるなどの働きがあります。また、善玉菌を増やす乳酸菌の栄養素となり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを活発にして、便通をスムーズにする働きがあるビタミンCやビタミンEなども含まれているので、キノコのマリネには便秘を解消する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。キノコのマリネにはこの抗ストレスホルモンを生成し分泌する際に必要不可欠な成分であるビタミンCが含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンDなども含まれているので、キノコのマリネにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。キノコのマリネに含まれるビタミンCやビタミンE、セレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、キノコのマリネには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

キノコのマリネに含まれるビタミンCには美肌作りに欠かせない、コラーゲンの生成を助ける働きや、シミやソバカス、シワや肌荒れ、ニキビの炎症などを防ぐ効果があります。また、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシンや、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、キノコのマリネには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回はキノコのマリネに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしました。キノコのマリネはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養を豊富に含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

健康にいい!掛けうどんに含まれる栄養と健康効果9選について

 

健康にいい!掛けうどんに含まれる栄養と健康効果9選について

f:id:dukemaguro:20200922073131j:plain

掛けうどんとは、丼に入れた麺に麺つゆで作った熱いつゆを掛け、薬味であるネギをトッピングしたもののことで、一人前あたりのカロリーは320キロカロリーほどで、ナイアシンモリブデン、炭水化物などの栄養を多く含んでいるのが特徴です。そんな掛けうどんには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回は掛けうどんに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしていきます。

 

 

掛けうどんに含まれる栄養と健康効果9選について

掛けうどんには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。掛けうどんに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、掛けうどんには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。掛けうどんに含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)なども含まれているので、掛けうどんには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。掛けうどんに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、掛けうどんにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。掛けうどんにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンEやセレン、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデンや、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅なども含まれているので、掛けうどんには貧血を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、掛けうどんに含まれるセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1や、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6や、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンEや、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、掛けうどんには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

便秘解消

掛けうどんには便秘解消に良いとされる食物繊維が含まれています。食物繊維は人間の消化酵素では消化されない食事成分のことで、タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化液の酵素によって消化され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して大腸まで達し、便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内で腸内細菌の餌として腸内環境を整えるなどの働きがあります。また、善玉菌を増やす乳酸菌の栄養素となり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを活発にして、便通をスムーズにする働きがあるビタミンEも含まれているので、掛けうどんには便秘を解消する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。掛けうどんには、この抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸が含まれています。

また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、掛けうどんにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。掛けうどんに含まれるビタミンEやセレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、掛けうどんには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

掛けうどんに含まれるナイアシンには、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があります。また、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2や、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、掛けうどんには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回は掛けうどんに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしました。掛けうどんはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

健康にいい!鱧のしゃぶしゃぶに含まれる栄養と健康効果16選について

 

健康にいい!鱧のしゃぶしゃぶに含まれる栄養と健康効果16選について

f:id:dukemaguro:20200921111016j:plain

鱧のしゃぶしゃぶとは、鱧(はも)の身を白菜・きのこ類・豆腐などの具材を熱した出し汁にくぐらせて食べる料理のことで、一人前あたりのカロリーは461キロカロリーほどで、ヨウ素ビタミンD、タンパク質などの栄養を多く含んでいるのが特徴です。鱧のしゃぶしゃぶは、スダチを絞った醤油ダレや梅肉ソースなどで食べると美味しいですよね。そんな鱧のしゃぶしゃぶには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回は鱧のしゃぶしゃぶに含まれる栄養と健康効果16選についてお伝えしていきます。

 

 

鱧のしゃぶしゃぶに含まれる栄養と健康効果16選について

鱧のしゃぶしゃぶには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「高コレステロールの予防」「糖尿病の予防」「喘息の予防」「関節炎の予防」「脳障害の予防」「認知症の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、血管の強化や、気管支の粘膜を正常に保ち、成長を促進させ、免疫細胞の働きを活発にすることによって、喉や鼻の粘膜を強化して、ウイルスの侵入を防ぐ効果があるビタミンAや、免疫機能を担う白血球のひとつである好中球の活性維持や増強に関与する働きや、ウイルスの増殖を阻止する働きがあるインターフェロンの生成を促進する効果があるビタミンC、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせる働きがあるビタミンCなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、ガン細胞の増殖や転移を抑制する働きや、身体の細胞をガン細胞へと変化させるように促す活性酸素を体外へと排泄する働きがあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデン、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには貧血を予防する効果があると言えます。

 

コレステロールの予防

コレステロールには、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールがあります。善玉コレステロールには、血液中に浮遊する余分なコレステロールや血管壁にくっついたコレステロールを回収し除去する働きがあり、悪玉コレステロールには善玉コレステロールと反対に細胞膜などを形成するために血液中にコレステロールを送り出す働きがあります。この悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと血液中にコレステロールが増え、血管壁にくっついてしまい、血中のコレステロール値が高い状態になってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、血中の中性脂肪コレステロールを低下させる働きがあるので、鱧のしゃぶしゃぶには高コレステロールを予防する効果があると言えます。

 

糖尿病の予防

偏った食生活、運動不足、肥満、喫煙、ストレス、遺伝、インスリン欠乏などが原因で血糖値が高くなってしまうと糖尿病になるリスクが高まってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)には、血糖値を下げる働きがあります。また、中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げる働きによって、血糖値が高い原因となる肥満を改善する効果があるEPA(エイコサペンタエン酸)や、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む働きがあるインスリンの分泌が上手くいかなくなり、働きが悪くなってしまうのを防ぐ効果があるマグネシウムなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには糖尿病を予防する効果があると言えます。

 

喘息の予防

呼吸をするときの空気の通り道である気道が、アレルギーなどの炎症によって敏感になり、痙攣(けいれん)を起こして狭くなってしまうと喘息(ぜんそく)になってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、アレルギーが起こる原因である、体内で作られたプロスタグランジンという化学物質やその仲間が作られるのを抑制する働きがあるので、鱧のしゃぶしゃぶには喘息を予防する効果があると言えます。

 

関節炎の予防

関節痛やリウマチは体内にサイトカインという炎症物質が分泌されることによって起こります。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には炎症を抑える働きを持つ抗炎症作用があります。この抗炎症作用には関節の腫れ、痛み、こわばりを緩和するなどの効果があるので、鱧のしゃぶしゃぶには関節炎を予防する効果があると言えます。

 

脳障害の予防

鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には脳の神経細胞膜に働きかけ、細胞膜を柔らかくすることによって、神経の働きを助ける効果があります。また、血管を柔らかくして、血流を良くすることで、脳に栄養をいきわたらせてくれる働きもあるので、鱧のしゃぶしゃぶには脳が栄養不足になり知力や精神に悪影響を及ぼすのを防ぐ効果があると言えます。この効果に脳障害である発達障害などを予防する効果があります。

 

認知症の予防

脳の神経細胞は生まれてから増えることなく、歳を重ねるとともに減っていってしまいます。脳の神経細胞が減ってしまうと脳の働きが低下してしまい認知症になりやすくなってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)には脳を刺激して、残った神経細胞を活性化させる働きがあります。脳は刺激を与えて鍛えれば、鍛えただけ向上する性質があるので、脳を刺激することができるDHAを含んでいる鱧のしゃぶしゃぶには認知症を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、鱧のしゃぶしゃぶに含まれるビタミンCやセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の結膜を活性化させる働きによって、目の潤いを保つのをサポートする効果や視覚情報を脳に伝えるロドプシンという物質の再合成を促進する働きなどがあるビタミンAや、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2や、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12や、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンE、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

骨や歯の健康維持

カルシウムが不足してしまうと、血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かし出し、カルシウム濃度を一定に保ちます。なので、カルシウム不足が長期間に渡って続いてしまうと、骨がもろくなり、骨粗鬆症や軟骨化症などの病気になりやすくなってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶには骨や歯を作るのに必要な主成分であるカルシウムが含まれています。また、カルシウムが骨から溶け出してしまい、骨密度が下がるのを防ぐ効果があるマグネシウムや、カルシウムやマグネシウムと結びついて、「リン酸カルシウム」や「リン酸マグネシウム」となって骨や歯を形成する働きがあるリン、吸収されにくいカルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にして骨の強度を高める働きがあるビタミンDやビタミンKなども含まれています。ビタミンDは食品から摂取しなくても、日光を浴びることで人間の体内で合成されるビタミンですが、近年は日光を浴びる機会が少ない方や、紫外線を極度に避ける方などが増えているので、ビタミンDが不足している方が多くなっています。なので、これらの栄養を含んでいる鱧のしゃぶしゃぶには骨や歯を健康に維持する効果があると言えます。

 

便秘解消

鱧のしゃぶしゃぶには便秘解消に良いとされる食物繊維が含まれています。食物繊維は人間の消化酵素では消化されない食事成分のことで、タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化液の酵素によって消化され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して大腸まで達し、便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内で腸内細菌の餌として腸内環境を整えるなどの働きがあります。また、善玉菌を増やす乳酸菌の栄養素となり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを活発にして、便通をスムーズにする働きがあるビタミンCやビタミンEなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには便秘を解消する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。鱧のしゃぶしゃぶにはこの抗ストレスホルモンを生成し分泌する際に必要不可欠な成分であるビタミンCが含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンDや、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。鱧のしゃぶしゃぶに含まれるビタミンCやビタミンE、セレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、鱧のしゃぶしゃぶには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

鱧のしゃぶしゃぶに豊富に含まれるビタミンCには美肌作りに欠かせない、コラーゲンの生成を助ける働きや、シミやソバカス、シワや肌荒れ、ニキビの炎症などを防ぐ効果があります。また、肌のターンオーバーを正常に保ち、肌をスベスベにする働きがあるビタミンAや、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシン、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2や、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、鱧のしゃぶしゃぶには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回は鱧のしゃぶしゃぶに含まれる栄養と健康効果16選についてお伝えしました。鱧のしゃぶしゃぶはビタミンやミネラル、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「高コレステロールの予防」「糖尿病の予防」「喘息の予防」「関節炎の予防」「脳障害の予防」「認知症の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

健康にいい!タコ焼きに含まれる栄養と健康効果10選について

 

健康にいい!タコ焼きに含まれる栄養と健康効果10選について 

f:id:dukemaguro:20200921072717j:plain

タコ焼きとは、小麦粉の生地の中にタコと薬味を入れて、タコ焼き器で焼き上げたもののことで、一人前(8個)あたりのカロリーは317キロカロリーほどで、ビタミンB12モリブデン、炭水化物などの栄養を多く含んでいるのが特徴です。そんなタコ焼きには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回はタコ焼きに含まれる栄養と健康効果10選についてお伝えしていきます。

 

 

タコ焼きに含まれる栄養と健康効果10選について

タコ焼きには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。タコ焼きに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、血管の強化や、気管支の粘膜を正常に保ち、成長を促進させ、免疫細胞の働きを活発にすることによって、喉や鼻の粘膜を強化して、ウイルスの侵入を防ぐ効果があるビタミンAや、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、タコ焼きには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。タコ焼きに含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)なども含まれているので、タコ焼きには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。タコ焼きに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、タコ焼きにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。タコ焼きにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンEやセレン、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデンや、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅なども含まれているので、タコ焼きには貧血を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、タコ焼きに含まれるセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の結膜を活性化させる働きによって、目の潤いを保つのをサポートする効果や視覚情報を脳に伝えるロドプシンという物質の再合成を促進する働きなどがあるビタミンAや、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2や、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12や、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンE、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、タコ焼きには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

骨や歯の健康維持

カルシウムが不足してしまうと、血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かし出し、カルシウム濃度を一定に保ちます。なので、カルシウム不足が長期間に渡って続いてしまうと、骨がもろくなり、骨粗鬆症や軟骨化症などの病気になりやすくなってしまいます。タコ焼きには骨や歯を作るのに必要な主成分であるカルシウムが含まれています。また、カルシウムが骨から溶け出してしまい、骨密度が下がるのを防ぐ効果があるマグネシウムや、カルシウムやマグネシウムと結びついて、「リン酸カルシウム」や「リン酸マグネシウム」となって骨や歯を形成する働きがあるリン、吸収されにくいカルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にして骨の強度を高める働きがあるビタミンDやビタミンKなども含まれているので、タコ焼きには骨や歯を健康に維持する効果があると言えます。

 

便秘解消

タコ焼きには便秘解消に良いとされる食物繊維が含まれています。食物繊維は人間の消化酵素では消化されない食事成分のことで、タンパク質、脂質、炭水化物などは、消化液の酵素によって消化され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維は消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して大腸まで達し、便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内で腸内細菌の餌として腸内環境を整えるなどの働きがあります。また、善玉菌を増やす乳酸菌の栄養素となり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きを活発にして、便通をスムーズにする働きがあるビタミンEも含まれているので、タコ焼きには便秘を解消する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。タコ焼きにはこの抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸が含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンDや、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、タコ焼きにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。タコ焼きに含まれるビタミンEやセレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、タコ焼きには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

タコ焼きに含まれるビタミンAには、肌のターンオーバーを正常に保ち、肌をスベスベにする働きがあります。また、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシンや、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、タコ焼きには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回はタコ焼きに含まれる栄養と健康効果10選についてお伝えしました。タコ焼きはビタミンやミネラル、炭水化物などの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「便秘解消」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。

 

 

健康にいい!豆腐の肉巻きに含まれる栄養と健康効果9選について

 

健康にいい!豆腐の肉巻きに含まれる栄養と健康効果9選について

f:id:dukemaguro:20200920080342j:plain

豆腐の肉巻きとは、水切りを行った豆腐を肉で包み、焼き上げたもののことで、一人前あたりのカロリーは406キロカロリーほどで、モリブデンやビタミンKなどの栄養を多く含んでいるのが特徴です。そんな豆腐の肉巻きには一体どんな栄養が含まれていて、どのような健康効果があるのでしょうか。今回は豆腐の肉巻きに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしていきます。

 

 

豆腐の肉巻きに含まれる栄養と健康効果9選について

豆腐の肉巻きには、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素、セレン、クロム、モリブデン、食物繊維などの栄養が含まれていて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があります。

 

免疫力アップ

偏った食生活や、加齢、冷え、ストレスなどが原因で免疫力は低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなってしまいます。豆腐の肉巻きに含まれているタンパク質には白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果があります。また、抗酸化作用によって免疫細胞が働きにくくなる原因である活性酸素を除去し抑制することで免疫細胞を活性化させる働きがあるビタミンEやセレン、免疫機能を維持する効果のある免疫グロブリンという抗体の生成に関与するビタミンB6や、免疫の為に必要なタンパク質の生成を助ける働きがあるパントテン酸葉酸、細胞がウイルスや細菌に感染するとシグナルとなって免疫細胞を活性化させる働きがある亜鉛なども含まれているので、豆腐の肉巻きには免疫力をアップする効果があると言えます。

 

疲労回復

人間の身体は、病気、栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレスなどによって、疲れてしまうと疲労状態になってしまいます。豆腐の肉巻きに多く含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために欠かせない三大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の分解や、代謝に必要な酵素補酵素としてサポートする重要な働きがあり、エネルギー不足による疲労を防ぐ効果があります。また、筋肉を修復することで、筋肉が弱り、内臓の働きが衰えて疲労しやすくなるのを防ぐ働きがあるタンパク質や、血糖値を正常な値に維持することで疲れにくくする働きがある炭水化物(糖質)、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせる働きがあるビタミンCなども含まれているので、豆腐の肉巻きには疲労を回復する効果があると言えます。

 

ガンの予防

ガンは日本人の三大死亡原因の1つとしてされていて、約3人に1人がガンで亡くなっていると言われています。豆腐の肉巻きに含まれるモリブデンには発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きによって、ガンを予防する効果があります。また、抗酸化作用によって、ガンの原因物質である増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、豆腐の肉巻きにはガンを予防する効果があると言えます。

 

貧血の予防

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分のひとつである鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。豆腐の肉巻きにはヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸や、抗酸化作用によって体に身体に有害な活性酸素を除去し抑制することで、病気などの抵抗力を高めて全身の細胞に酸素を運んでいる赤血球の生成や血流を改善する働きがあるビタミンEやセレン、血液に含まれる鉄が不足した場合に、肝臓に蓄えられている鉄の運搬を補助し、造血を促す作用があるモリブデンや、造血を助ける働きによって貧血を予防する効果がある亜鉛や銅なども含まれているので、豆腐の肉巻きには貧血を予防する効果があると言えます。

 

目の健康維持

テレビや、スマートフォン、インターネットなどを長時間使い続けてしまうと目が疲れてしまいますが、豆腐の肉巻きに含まれるセレンには抗酸化作用があり、この抗酸化作用には目を光障害から保護することで、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用することによる眼精疲労の改善や、加齢性の目の病気である白内障や加齢黄斑変症などを予防する効果があります。また、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる働きがあるビタミンB1や、目の粘膜を正常にする働きがあるビタミンB2、目の水晶体の代謝と免疫機能を高める働きがあるビタミンB6や、視神経の機能を正常にする働きがあるビタミンB12、血行促進作用によって疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果があるビタミンEや、視神経の伝達をサポートする働きがある亜鉛なども含まれているので、豆腐の肉巻きには目を健康に維持する効果があると言えます。

 

骨や歯の健康維持

カルシウムが不足してしまうと、血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かし出し、カルシウム濃度を一定に保ちます。なので、カルシウム不足が長期間に渡って続いてしまうと、骨がもろくなり、骨粗鬆症や軟骨化症などの病気になりやすくなってしまいます。豆腐の肉巻きには骨や歯を作るのに必要な主成分であるカルシウムが含まれています。また、カルシウムが骨から溶け出してしまい、骨密度が下がるのを防ぐ効果があるマグネシウムや、カルシウムやマグネシウムと結びついて、「リン酸カルシウム」や「リン酸マグネシウム」となって骨や歯を形成する働きがあるリン、吸収されにくいカルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にして骨の強度を高める働きがあるビタミンDやビタミンKなども含まれています。ビタミンDは食品から摂取しなくても、日光を浴びることで人間の体内で合成されるビタミンですが、近年は日光を浴びる機会が少ない方や、紫外線を極度に避ける方などが増えているので、ビタミンDが不足している方が多くなっています。なので、これらの栄養を含んでいる豆腐の肉巻きには骨や歯を健康に維持する効果があると言えます。

 

精神の安定

現代社会はストレスを受けることがとても多く、ストレスをためて生活している方が増えています。人間の身体はストレスを感じると、その状況に対応するためにストレスを緩和する働きがある副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)を分泌します。豆腐の肉巻きにはこの抗ストレスホルモンの合成を促進する働きによってストレスを緩和する効果があるパントテン酸が含まれています。また、糖質の代謝を促進することでイライラの解消に効果があるビタミンB1や、感情のバランスを調整し情緒不安定になったり、イライラしやすくなったりするのを防ぐセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるビタミンD、神経の興奮や緊張を緩和する働きによって、神経機能や精神面が不調になるのを防ぐ効果のあるカルシウムなども含まれているので、豆腐の肉巻きにはストレスを緩和し精神を安定させる効果があると言えます。

 

老化防止

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃をしてしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。豆腐の肉巻きに含まれるビタミンEやセレンには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、豆腐の肉巻きには老化を防止する効果があると言えます。

 

美肌効果

豆腐の肉巻きに含まれるナイアシンには、血液循環を促すことで、クマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があります。また、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因のひとつとして考えられている大人ニキビを予防する効果のあるビタミンB2や、抗酸化作用により体のサビと言われる過酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、豆腐の肉巻きには美肌効果があると言えます。

 

最後に

今回は豆腐の肉巻きに含まれる栄養と健康効果9選についてお伝えしました。豆腐の肉巻きはビタミンやミネラルなどの栄養を含んでいて、「免疫力アップ」「疲労回復」「ガンの予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果があるので、健康にいい料理と言えます。